ご近所トラブルを予防しよう

演奏しやすい部屋にする

防音リフォームをすれば、室内で楽器を弾いても迷惑にならないので便利です。
これまでは周囲に音が漏れることを気にして、大きな音で演奏できなかったと思います。
ですが小さい音では、趣味を楽しむことはできません。
ギターやピアノなどの楽器を弾くことが趣味なら、防音の部屋を作るのがおすすめの方法です。

壁や床をリフォームして、今住んでいる住宅を防音仕様に変えることができます。
住宅全体を防音リフォームすると、価格が高額になります。
もし費用が厳しいと感じたら、1つの部屋だけリフォームすると良いですね。
1部屋だけならそこまで大きな金額にはならないので、実行しやすいと思います。
リフォームして、楽器をたくさん演奏してください。

どんなリフォームをすれば良いのか

防音にしていても、窓を開けていたら音が漏れます。
楽器を演奏したり、音楽を聴いたりする部屋の窓は、開けないように意識してください。
しかし真夏の暑い時期に、窓を開けないと暑いので大変です。
クーラーを備えておくと、夏でも快適室内で過ごすことができます。
防音にしたい部屋に、クーラーが備わっていない場合はリフォームの時につけてください。

そのことも考えて、防音にする部屋は1つか2つにしていた方が良いと思います。
住宅のすべてを防音にリフォームしてクーラーをつけると、予想以上の金額になってしまいます。
事前に予算を決めてください。
その予算内にリフォームの費用が収まるよう、計画を考えましょう。
業者に沿う産しながら決めてください。


この記事をシェアする
TOPへ戻る